住まいの購入と物件探しのコツ

私達夫婦は昨年新居を購入しました。以前住んでいた賃貸だと、駐車場の料金もかかり家賃と駐車代を払っているのなら家を購入しようという話になり、新居を探し始めました。場所は、旦那の職場から近いという事も有り、旦那の実家の近くで探そうという事になりました。初めは予算の都合から、中古の物件を探し始めました。不動産屋に案内してもらった中古物件は、駅から近いが3階建で前の道路が狭く、隣の家との間が狭いもの、家は広いが古い物件で坂の上や、間取りや家は新しいが、値段が高くこれなら、新築を買ったほうが良いというような物件ばかりでした。

インターネットで色々調べていると、新築を780万で建ててくれるという工務店を見つけそちらへ見学に行きました。不動産屋を仲介しない分、物件を安く出購入できるという事で、耐震性や使用などはどれも魅力的な物だったのですが、こちらで建ててもらうには、こちらの物件がぴったりおさまる土地が必要という事で、今度は土地を探し始めました。しかし、平地で、綺麗な形の土地は全然残っておらず、見つけても建築条件付きで、そこで決められた家しか建てられないという事でした。土地を探すために見ていたサイトでたまたま新築で手頃な値段の物件を見つけ、場所も、家の広さも良かったので見学に行きました。家の内装はごくごく普通で、オプション等は全く付いていないようでした。もし、私達の見つけた工務店で自分たちで建てたら、カウンターキッチンや、台所も有名メーカーの物に出来たと思います。

しかり、そこの物件は南向きでとても日当たりが良く、なかなかその値段で平坦な土地の物件を見つける事が出来なかったので、そこに決めました。ダメ元で、200万まけて欲しいとお願いしていたら、それが通ってしまいましたが、その時はあまり良く分かっていなかったのですが、良く考えるとこれだけの内装なら、不動産屋の取り分はかなり大きいからもっとまけてもらえたようです。がんがん強気でまけて貰うようにするのが良いです。不動産屋は一刻も早く物件を売りさばきたいのですから。何はともあれ、今の住まいは気にいっています。家の購入の際は、じっくり、色んな物件を見る事を何よりお勧めします。