住まいの購入には時期が大切です。

住まいの購入は夢です。一生に一度の買い物と言っても大げさではない買い物です。値段もかなりするものです。毎月の家賃と月々の返済の額が変わらないなら購入したほうが得なんてことを耳にします。確かに考え方としては納得できますが他に固定資産税や火災保険、地震保険、団体信用保険など家の維持費も考慮しておかなくてはなりません。火災保険や地震保険は火災や地震の際お保険ということはご存知でしょう。団体信用保険とは返済する本人が死亡してしまった場合の保険です。頭金ゼロでも購入できる家もあるようです。単純に考えて頭金が多ければ残りの返済額が減りますしそうでなければ返済していく額が多くなるわけです。金利も入ります。返済方法にもいろいろあります。ボーナス月に多めの返済をいれるのかボーナス月であってもその他の月と同じ一定額で返済するかによっても違ってきますし何年での完済にするかも影響します

金利も重要です。住まいの購入には殆どの方が借り入れで購入します。その借り入れをする際の金利によって返済の金額も変わってくるのは当然です。金利も固定金利の場合と変動の場合とでも違いがでるようです。もう一つ、消費税の問題です。消費税が上がるという話が出ています。消費税率が変わればかなり変わってきます。仲介業者、不動産業者への手数料もかかることを念頭にいれておいたほうがよいです。住まいの購入には建物や土地そのものの額面だけで判断するのではなくそれらに付随する金利、手数料、維持費などを考慮にいれて自分に良いタイミングで購入することをおすすめします。