住まいを購入する前に

住まいの購入にはなかなか踏み切れない人もいると思います。お金がないと家を購入することは不可能ですが、無理にローンを組んで家を購入する人もいます。しかし、無理にローンを組んでも後で苦労をするのは自分だということを知って欲しいと思います。不動産会社などは家を売りたいことを目的に、無理な返済プランを勧めてきたり、損をするローンを組ませようとしている会社もあります。その口ぐるまに乗ってしまわないように、冷静に家の購入について考えておく必要があります。実際に家の見学などに行くとテンションが上がってしまい、その場で購入を決断する人もいます。しかし住まいの購入はそんな簡単に決めていいものではないと思います。これから何千万というお金を払っていくことになるのですから、その後の人生を左右してしまうことにもなりかねません。

まずはお金を貯めてからだと思います。お金を貯めるのに、大体の購入したい家の金額を設定しておいて、その金額を目標に毎月計画的にお金を貯めることはいいと思いますが、先に家を決めてその家を購入して、お金はないからローンで長い期間払うというのでは、お金の使いかたが下手すぎると思います。ローンはお金を借りている状態ですから、当然利子も発生します。この利子のことを考えると簡単にお金を借りて、ローンを組むというのは無謀な決断のように思います。住まいを早く購入して自分たちのマイホームをゲットしたい気持ちも分かりますが、計画を立てて家を買いたいものです。